fbpx
2022/01/07

【2022年】進化する「実店舗ビジネス」についてお伝えします

明けましておめでとうございます。
F&Pジャパン 事業開発チームの大多和です。

 

今年もF&Pオフィシャルブログでは、

有益な情報やお知らせを定期的に発信させていただきますので、

皆様の事業に少しでもお役立ていただければ幸いです。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

私たちF&Pジャパンは、わずか2坪でできる、

併設型スムージー販売事業導入支援サービス”Smoothie Package”を、

法人のお客様、店舗オーナー様を中心にご提案しております。

昨年2021年は2020年同様、新型コロナウイルスの影響で経済活動が

制限された業界も多かったのではないでしょうか。

 

そのような中でも、うまくトレンドやデジタルツールを取り入れたり、

業態を工夫したりして攻めの事業展開を行なった企業、店舗はコロナにも負けず、

多くのお客様を喜ばせることができていると感じます。

 

物流体制やECサイトの構築が発達した現代では、

スマホやパソコンから簡単に商品を購入することができるようになりました。

一方で、コロナによる行動様式の制限で、「リアル(オフライン)での交流」や

「その場に行くことへの価値」も見直されたように思います。

 

その場に行くことでしか得られない体験や価値を提供できることこそが

「実店舗ビジネス」の一番の強みだといえます。

 

今回はその実店舗ビジネスについて、いくつか最新の事例をお伝えします!

 

■宅配ピザ「ナポリの窯」出店加速、25年に9割増へ

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC081QT0Y1A201C2000000/?unlock=1

全国で宅配ピザの「ナポリの窯」などを展開するストロベリーコーンズ(仙台市)は

2025年に店舗を約2倍の200店に拡大する、と発表しました。

新型コロナウイルス禍を受け、飲食店では補助金を活用し持ち帰りやデリバリーに対応する店舗が

増えていますが、同社はそれらに対応するだけでなく、店舗の形態を多様化させています。

例えば、昨年11月に開業した「ナポリの窯 天理店」(奈良県天理市)は、

中華料理店「大阪王将」との併設店舗という変わった形をとっています。

また、三重県鈴鹿市にはピザの持ち帰り専門店「ナポリの台所」1号店を出店しました。

同店は雇用契約を結ばずに障害者に働く場を提供する就労継続支援B型事業所で、

障害者がピザを作ったり販売したりしやすい店舗に設計されており、

これからの多様性(ダイバーシティ)社会にあわせた形といえます。

 

■「クリスプ・サラダワークス」モバイルオーダーアプリを全店に導入

https://jirei-navi.mirasapo-plus.go.jp/case_studies/696/print

「クリスプ・サラダワークス」は、カスタムチョップドサラダ専門店で、

日本にこれまでなかったコンセプトが大きな人気を呼び、

1号店となる麻布十番での出店を皮切りに、都内に14店舗を展開しています。

順調に業績を伸ばしていた同社ですが、その一方で、人気の高まりに比例して現場は疲弊していき、

オペレーションを回すことで精一杯という状況に陥りました。同社の宮野浩史社長が創業時に目指した、

人へフォーカスし、「嬉しい」・「楽しい」の感情を抱いてもらえる顧客体験を提供することが難しくなっていたのです。

そこで、宮野社長が目をつけたのが注文方法の見直しです。当時、アメリカのスターバックスが導入を開始して

話題を集めたオーダーシステムに注目し、公式モバイルオーダーアプリ「クリスプAPP」を全店に導入しました。

これにより顧客はスマホから事前注文・決済が可能となり、

好きな時間に店舗に行って商品をピックアップできるようになりました。

こうした取組が功を奏し、待ち時間短縮による顧客の満足度・来店頻度の向上が得られとことに加え、

現場スタッフの作業時間も1日あたり90分間軽減し、顧客とより温かなコミュニケーションを

とる余裕が生まれました。当初目指していた人へフォーカスした接客が実現しやすくなり、

上面でも、店頭注文と比較して、アプリ注文では顧客単価が8%アップという成果が現れました。

 

以上、今回は2つの事例をご紹介させていただきました。

 

業態、形態の工夫やITツールの活用がこれからの実店舗ビジネスでは特に重要になってきています。

ただ、変わらないのは「人」と「人」とのつながり、お客様の心を満たすおもてなしや

コミュニケーションといった目に見えないものであることは間違いありません。

 

2022年は寅年ですが、Tigerの語源はTigris(ティグリス)であり、

矢のように速い流れを意味するそうです。世界の変化が加速する中、

寅のように力強く跳躍する年となるよう本年も「スムージーの導入」を通して、

多くの企業様をサポートさせていただきたいと考えています。

 

「わずか2坪で始めるセカンド業態、小投資・簡単オペレーションでできる

本格スムージーの導入」に少しでもご興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、

どんな些細な事でもかまいませんので、お気軽にご相談ください!

現在、オンライン上で個別相談会(無料)を開催中です。

「かっちりとした商談は少しハードルが高い・・・サービスの概要だけでも知りたい・・・」

そのようなお客様も大歓迎です!

 

日程やお申し込みについては、下記ページをご覧ください。

https://timerex.net/s/otawa.r.fp/37c5d19c

 

併設型スムージービジネス導入支援サービス

「Smoothie Package」の詳細・お問い合わせはコチラから

︎ https://corp.fandp.jp/service/smoothie-package

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

We are what we eat.

お問い合わせ