2019/11/22

導入事例 – FLUX CAFE様

代官山にあるトレーニングジム・プライベートプール・オーガニック&ナチュラルカフェ等が集合した、統合的な健康サービスを展開する施設「FLUX CONDITIONINGS」。
こちらの施設にある FLUX CAFE 様では、自社のプロテイン製品を使って FICO & POMUM JUICE とコラボメニューを開発し、”Smoothie Kits”(スムージーキット)を導入してスムージーメニューを提供しております。
今回は、店長の冨田様にお話をお伺いいたしました。

Q:”Smoothie Kits”導入のきっかけは何ですか?
A:FLUX CAFE のモダンジャパニーズのコンセプトのもと、他社とのコラボでシナジーを求めていました。
もともとスムージーメニューを販売していたのですが、今回 FICO & POMUM さんとご一緒することになったのは、「健康的なものを提供する」「化学的なものを使わない」「本来のものを使用している」「白砂糖を使用しない」といったフィロソフィー、思いが FLUX と似ていたためだと思います。
FICO & POMUM は、中途半端なことをしないところ、こだわりに共感しました。それでいてしっかりと美味しいものを提供されていると思います。スムージーキットについても、まず第一に美味しさを感じる商品に仕上げることができる点が魅力でした。

Q:人気メニューは何ですか?
A:5種類あるコラボメニューのうち、抹茶プロテインとケールのスムージーキットを使った「抹茶ケールプロテイン」、ストロベリープロテインとイチゴバナナのスムージーキットを使った「ストロベリーバナナプロテイン」は特に人気です。

Q: お客様からの反応はいかがでしょうか?
A:人気メニューなので、回転が早く、評価は高いです。店頭入口に出しているスムージーの看板がきっかけで入店されるお客様もいらっしゃいます。ドリンク売り上げに占めるスムージーの比率も高く、外国のお客様ウケも良い。施設のジムのお客様も、わざわざ1Fカフェに立ち寄られてスムージー買いに来られたりしています。新たなニーズ、リピートを作れたのではないでしょうか。スタッフ、トレーナーにも人気で、売り上げの動きは実感ありました。

Q:良くなった点はありますか?
A:今までスムージーは4食単位ぐらいで仕込んでいたので、食材のロスが出やすいという課題がありました。スムージーキットは1食単位の使い切りパックなので、ロスが出ないのがありがたいです。
仕込み調理作業に関しては、導入前は4食分仕込んで10分くらいかかっていました。それがなくなりました。
また、発注先が一つになったのが現場として嬉しいです。今まではレシピの材料を個々に発注しないといけなかったですし、食材によってロットや量が違うので、最小公倍数で発注数を合わせないといけなかったので。

冨田さん、ありがとうございます。

————————————————————————————————
FLUX CAFE

我々日本人の特徴的な感性である「調和」をテーマに、和食をベースとした食事にいくつかのキーエッセンスを調和させた食の形がここにあります。世界中で愛される、出汁や旨みのきいた和食を老舗割烹若女将がプロデュース。日本文化ならではの発酵食品や麹から旨みを引き出す調理法、『低脂肪で高タンパク、そしてグルテンの使用を最低限に抑えた』メニュー構成、隠し味や仕上げにさりげなく使用するスーパーフードなど、伝統と現代のエッセンスをうまく取り入れ調和させた、モダンジャパニーズを提案します。

東京都 渋谷区 猿楽町3-7 代官山木下ビル
TEL03-3780-5553
http://www.flux-cafe.com